日本だけで終わらない高校生活!

高校留学についての情報がいっぱい!

外国語を習得するには留学をするのが1番ですし、文化的な事も学ぶことが出来世界が広がります。
高校留学を選択する事は、将来を長く見た時にもメリットは多いですし、自然のあふれる英語圏で人気のニュージーランドも奨学金などの制度を使う事で費用を抑えることが出来ます。
年間で1万人近くの日本人を受け入れている国ですので、様々な面で整っていますしホームステイの受け入れ家庭も充実しています。
安心して留学できるでしょう。

高校生が使えるニュージーランド留学制度を活用してお得な海外体験

高校生が使えるニュージーランド留学制度を活用してお得な海外体験 グルーバルな時代ともいわれていますし、将来海外で、または外資の会社で活躍したいという事であればその選択肢を広げるためにも英語が出来るというのは非常にメリットがあります。
英会話教室に通うよりも、海外に高校留学から行けば海外旅行で一時的に楽しむよりも語学を習得できるという長所もありますし、同時に文化も高校生のうちから学ぶことで体験は経験になるでしょう。
高校留学で人気のニュージーランドは、日本人を年間1万人ほど受け付けているということもありますし、制度も整っているので初めて訪れる方でも安心です。
ホームステイ、ドミトリー、シェアハウスなどの選択肢がありますが、高校生の場合はホストファミリーと過ごせるホームステイが人気です。

高校留学先として人気のニュージーランド制度と費用

高校留学先として人気のニュージーランド制度と費用 高校留学先として人気のニュージーランドは、他の英語圏の留学先と比較した場合、比較的寛容な受け入れ制度をとっています。
元来移民の国だからか入学後の英語のケアもしっかりしています。
留学生は、日本でどのような成績だったかよりも、留学の目的意識や、やる気を求められます。
ニュージーランドの高校の制度は、日本の高校と多少違います。
学生は卒業後の進路と自身の学習能力を考慮して科目を選択します。
日本の大学の選択単位制と似ているといって良いでしょう。
選択した科目によっては教室を移動する場合もあります。
また、日本における高校2年生にあたるYear12に所属していても、物理が苦手であれば、物理だけ日本の高校1年生にあたるYear11の授業を受けることがあります。
高校留学先には、政府が認可している公立、私立、ミッション系の学校があり、どの高校を選択しても高水準な授業が受けられます。
留学の費用は、高校の運営形態によって違いがあります。
ニュージーランドの高校は学校が費用を決める権限を持っているからです。
公立高校は他の英語圏の国に留学する場合と比較して、同程度か若干お得といった程度の費用です。
ミッション系や私立高校はそれなりに高く留学費用が設定されている場合がありますので、注意が必要です。

高校留学についてもっと調べる

高校留学 ニュージーランド